5月, 2009年

第31回UTY招待ラグビー

2009-05-09



20090509.jpg

2009.5.24(日)小瀬スポーツ公園陸上競技場

 
慶応義塾大学VS関東学院大
14:12分 キックオフ(※時間が変更になりました)

山梨選抜VS山梨学院大
11:00 キックオフ
クリーンファイターズは山梨選チームに多数選手として出場します

第46回東日本都道県対抗ラグビー大会予選

2009-05-09

北関東・甲信越ブロック第2戦のお知らせ
 
5月10日(日)山梨学院大ラグビー場 13:00キックオフ
 
関東ラグビーフットボール協会ホームページ
http://www.rugby.or.jp/topics/2009/46thtodokentaikoyoko.swf
 
チームの編成は、クリーンファイターズ・勝沼クラブ・オーバル・山梨学院大・都留文科大学

平成21年度 イーストリーグ編成と呼称変更について

2009-05-09

平成21年度のジャパンラグビートップイーストリーグおよび、関東社会人1部の
編成が決まりました。
尚、今年度より、リーグ呼称を「ジャパンラグビートップイーストリーグ11」から
数字を取った「ジャパンラグビートップイーストリーグ」といたします。

関東ラグビーフットボール協会ホームページ
http://www.rugby.or.jp/topics/2009/h21eastleague.shtml


■イーストリーグ
■関東社会人1部
日本IBM 日野自動車
横河武蔵野 東北自衛隊船岡
NTTコミュニケーションズ 明治安田生命
三菱重工相模原 ブルーシャークス
東京ガス 東芝青梅
セコム 富士ゼロックス
釜石シーウェイブス ヤクルト
サントリーフーズ 大塚刷毛
栗田工業 東京電力
日本航空 クリーンファイターズ
秋田ノーザンブレッツ ライオン’s
キヤノン 習志野自衛隊

重川清掃開催しました

2009-05-07

4月30日に重川清掃を開催しました。
20090507_8.jpg

5月5日城西大学と合同練習

2009-05-07

5月5日(火)クリーンファイターズは、BK斎藤力也選手がコーチ
している
城西大学と山梨TOSENグランドにて合同練習を開催しました。
20090507_6.jpg

駒場WMMとの合同練習・オープン戦結果

2009-05-07

5月3日(日)・4日(月)と昨年に引き続き駒場WMMと山梨TOSENグランドにて合同練習、

オープン戦を行いました。

 クリーンファイターズ 47-24 駒場WMM
          前半 26-12
          後半 21-12

詳しくはブログでも紹介しています。
20090507_1.jpg

20090507_2.jpg

20090507_3.jpg

20090507_4.jpg

日原監督のイギリス通信その5

2009-05-03

 本日はウェールズ滞在最終日、明日にはヒースロー空港から日本に戻らなければなりません。「思い残すことのないようにウェールズを満喫しよう」と朝から意気込みました。朝は街で溝畑氏とイングリッシュ・フルブレックファーストの朝食をとりました。「イギリス人は朝からこんなにボリュームのあるものを食べるのかぁ」と驚きました。その後、お土産屋さんで買い物をし、午後から本日のメイン、Potypridd RFC 対 Llandovery RFCを観戦するため、Pontypridd RFCに向かいました。その途中、このクラブのスポンサーにもなっている「Groggs」というお店に連れて行ってもらいました。このお店は石膏でラグビー選手の人形を作ると言うので、世界的に有名なお店です。たくさんのラグビーのスター選手がここを訪れ、自分の作品を贈呈されています。先日、紹介したウェールズ代表のキャプテン、Ryan Jones選手やShane Williams選手のものもあり、一番人気だとお店をオーナーは言っていました。
 
Pontypridd RFCはウェールズでも非常に歴史と伝統のある有名クラブです。立派なスタンドとグラウンドを所持しています。2001年にプロのケルティックリーグがスタートしたため、ウェールズでは歴史のあるクラブチームがWelsh Premiershipというリーグを結成しています。選手の中にはセミプロとしてクラブに所属する選手もいます。その選手達は社会人もしくは学生で、企業からスポンサーシップとして援助金をもらって活動しているそうです。またクラブ運営としてウェールズラグビー協会から年間50.000ポンドのサポートがあるそうです。
今日の一番のサプライズは一緒に試合観戦していた溝畑氏がレフェリーの負傷により、急遽タッチジャッジをすることになったことでした。ハーフタイムになった時に溝畑氏が本日ホスト役となって下さったPontypridd RFCのバイスチェアマンのMichelさんに呼ばれ、深刻そうな顔をして戻ってきたと思うと、慌てて車に戻ってレフェリースタイルの用意を始めました。何事かわからず、ただ状況を見ていましたが、その直後アナウンスが入り、「レフェリー負傷によりタッチジャッジに日本のMr.Mizohataが加わります。」と放送されました。観客もビックリでしたが、おそらく溝畑氏本人が一番ビックリしたでしょう。試合は22対22の引き分けに終わりました。試合後、観客にサインを求められる溝畑氏の姿がこの国の人々の優しさを感じさせられました。
 
あっと言う間のウェールズ5日間でした。しかし、こんなにどっぷりラグビーに漬かったのは学生時代以来だったような気がします。また、大学時代の親友と学生時代の合宿生活を思い出させるように、夜遅くまでラグビー談議ができたのが嬉しかったです。ウェールズに来て本当に貴重な経験ができました。最後に溝畑氏に「シーズン初戦の対日野自動車にどうやって勝つんだい?」と質問されました。彼は我々の現状も何も知らないから「簡単に言ってくれやがって」とムッとしましたが、彼と接していて「こいつは変人?」と思い、良い意味で刺激を受け、日本に戻ってからもう一度シーズンに向けて再構築する必要があると痛感しました。今回のウェールズ遠征がチームにプラスになるように、また監督として「みんなに何がしてあげられるのか?」、今一度再確認したいと思いました。
CIMG0435.JPG

(さらに…)

日原監督のイギリス通信その4

2009-05-02

今日はWelsh College Tournament 準決勝のSt.David College vs. Swansea Collegeの試合を溝畑君がレフェリーしました。
Swansea Collegeのジャージが試合前に届かなく、キックオフの時間が10分ほど遅れると言うアクシデントがありましたが、
その辺りは寛容なウェールズ人。ジャージが到着するのを待って試合が開始されました。
アンダー19歳なので日本の高校生と同世代ですが、どことなく大人びた感じがあり、中には「おじさん?」と感じるような選手もいました(笑)。
お互いに意地と意地のぶつかり合いで、非常に激しく、後半は両チームの選手が乱闘するシーンも見られ、シン・ビンに!
残り3分まで5点差のタイトなゲームでしたが、終了間際にSt.David Collegeがトライして32対20で終了しました。
観客の中にSt.David Collegeの学校関係者がいて、興奮のあまり、レフェリングに大声で文句を言っていましたが、溝畑氏曰く、「いつものこと」で、自分の応援チームのために必死で、しかも「身勝手な主張をする」と言っていました。実際、試合終了後に溝畑氏に「Well done,ref!」と握手を求めてやってきました。それにはすごいカルチャーショックを受けました。(試合の写真は後日、アップします)
今日は試合が終わってからカーディフの中心地を訪れました。カーディフ城が街の中心にあり、その後ろにBute parkという公園があります。なんとサッカーやラグビーのグラウンドが30面以上もあるそうです。その広さにビックリさせられました。 
CIMG0349.JPG

(さらに…)

日原監督のイギリス通信その3

2009-05-01

日原です。
3日目で時差ボケは解消しました。
今日は午前中からウエールズは雨でしたが街を歩く人はほとんど傘をささずに歩いていました。
溝畑氏曰く、ウエールズは雨が多く多少の雨では傘はささないそいうです。
 
今日はプロリーグの試合を観戦するため、カーディフから約50㎞西に離れたSwanseaと言う街に向かいました。
ウェールズ、スコットランド、アイルランドの3か国が、イングランドのプレミアリーグに対抗してケルティックリーグを結成し、
スポンサーであるアルコール会社の名前からマグナーズリーグと名付けられた、このリーグはニュージーランドや日本で活躍した選手も多く所属しています。
今日はSwanseaのホームチーム、Ospreys対Newport Dragonsでした。19:05キックオフ。とにかく迫力のある試合でした。前半からお互いペナルティーキックで得点し、ほど互角の戦い。均衡を破ったのは、IRBプレーオブザイヤーにも輝き、ウェールズのヒーローであるShane William選手のトライでOspreysが調子を取り戻し、24-20で勝利しました。
 
この試合の感想は、ウェールズでは本当に様々な年齢層の人達が老若男女問わずラグビーを心から楽しんでいることです。特にハーフタイムには子ども達のタグ・ラグビーを行ったり、チームのマスコットが試合中にピッチサイドを行ったり来たりして、ファンを喜ばされたりと、様々な演出が施されていました。
トーセンでも試合の時は出店を出したりして盛り上げていますが、ウェールズのその規模の大きさには驚かされました。
 
日原達仁
プロリーグの試合は特にブレイクダウン激しさ、組織ディフェンス徹底、キックの制度が高かった。
  チームウイングは168㎝と小柄ながら、キック処理、相手を抜くスピートなど素晴らしかったです。
試合後はウエールズ代表の選手を記念写真、選手は気持ち良く対応してくれました。

CIMG0221.JPG

(さらに…)

Newer Entries »

TEAM Information

pic
試合結果はコチラ


2018年公式戦【第8節】

11月18日(日)13時KickOff!
V.S 横河武蔵野アトラスターズ
会場:横河グラウンド

2018年度Div.1勝点表

[2018.11.4]                                                                                                                    
順位チーム名
東京ガス25
横河武蔵野16
清水建設28
ヤクルト34
秋田NB10
セコム20
10 クリーンF山梨1
明治安田生命12
日本IBM5
船岡自衛隊5

ロゴスポンサー

株式会社はくばくホームページ
株式会社はくばく
※選手雇用もして頂いています
株式会社羽中田自動車工業ホームページ
株式会社羽中田自動車工業
富士急行株式会社ホームページ
富士急行株式会社
燈屋ホームページ
燈屋
※選手雇用もして頂いています
株式会社峰岸商会介ホームページ
株式会社峰岸商会
※選手雇用もして頂いています
山本基礎工業ホームページ
山本基礎工業
若尾忠男商店ホームページ
若尾忠男商店
山梨CATVホームページ
山梨CATV

春木屋

JAフルーツ山梨
※選手雇用もして頂いています

依田産科婦人科クリニック

ファスフォードテクノロジ
株式会社

※選手雇用もして頂いています

ニューロン製菓株式会社

株式会社早野組

株式会社石友

サポートカンパニー

ピグレホームページ
ピグレ
健康体力研究所ホームページ
健康体力研究所

アクセス数


Instagram ★更新中

Twitter ★NEW★

ピグレ特集掲載

pic
2018年
pic
2017年
pic
2015年

2014年

過去の記事

  • 2018 (7)
  • +2017 (22)
  • +2016 (66)
  • +2015 (91)
  • +2014 (105)
  • +2013 (126)
  • +2012 (114)
  • +2011 (119)
  • +2010 (122)
  • +2009 (161)
  • +2008 (126)
>> Offitial Logo Sponsor Companies <<









>> Suport Companies <<



Copyright© クリーンファイターズ山梨 All Rights Reserved.